スタッフ日記

スマホを使いこなせない祖母に手紙を書きました


こんな時期だから、ずっと実家に行っていません。

でも今はLINEがあるから、母と連絡を取るのはすごく簡単。

必要なことはすぐに連絡できるので、特に不自由は感じていないです。

 

ただ、祖母はスマホを持ってはいるものの、使いこなせていません。

どれだけ教えても、LINEができない。

まぁ、パソコンを駆使していた亡き祖父ですらLINEは覚えられなかったので、ワープロで止まっている祖母にはちょっとムリかな。

 

ということで、手紙を書きました。

祖母の元に顔を出せない言い訳をずらずらと。

私が東京にいる時は、よく祖母と手紙をやりとりしたものです。

 

そういえば、手紙に「拝啓」とか「かしこ」とか書くようになったのは、東京に行ってから。

大学に合格して東京に行ったのですが、そうなると、親戚の人達からお祝いをもらうんです。

でも、その頃は超が付くくらい電話が苦手。

家の電話が鳴ると聞こえないフリをしてたほどです。

 

お祝いのお礼を伝えなければいけない。

でも、電話は絶対にできない。

あーどうしよう。

 

それなら、手紙を書こう。

そう思い立ち、手紙の書き方の本を買いました。

親戚といっても、くだけた文章は書けませんからね。

 

あの時、手紙を書くことを覚えて本当によかったです。

手紙の決まり事さえ覚えてしまえば、なんら難しいことはないんだと知りました。

分からなければ、調べればいいし。

書けば書くほど身につきます。

あっでも、THE定型文みたいのは嫌いなので、そこまで硬い文章は書きませんよ。

その頃に父からもらった手紙が、THE定型文だらけでドン引きしてからは、自分の言葉で書くことを意識するようになりました。

 

そんなわけで、祖母とはよく手紙のやりとりをしたなぁ。

学生というのは時間があるらしく、ことあるごとに祖母や母に手紙を書いていました。

ポストに手紙が入っていると嬉しいものです。

 

LINEが主流となった昨今ですが、たまには手紙を書くのもいいですよ。

便箋に向かって、その人のことを想って、丁寧な文字を書く。

心が整うような気がしました。

こういう時間も、時には必要かもしれないなぁ。

 

ではまた。

 

 

※自粛されている方、これからしようと思われている方に配慮して、緊急事態宣言中は、わんちゃんの様子をブログに載せないことにしました。

その代わり、LINEに登録いただいている方には、直接LINEで写真をお送りします。

 

※緊急事態宣言中は、どうしてもトリミングが必要な方のみご来店ください。積極的にキャンセルを承ります。

 

ご本人またはご家族に、発熱や体調不良が見られる方は、変更やキャンセルをしていただきますようお願いいたします。

 

※ただ今行っている対策です。ご一読ください。→【完全版】新型コロナウイルス感染症対策における当店ご利用の際のお願い

 

※店内での会話を最小限にするために、LINEの友だち登録をお願いいたします(登録後、「名字」「わんちゃんの名前」を送信してください)。

 

※しばらくの間、ご新規さんと、今年に入ってから1度もご来店の無い方の予約受付を中止させていただきます。

LINE@でご予約いただけます

友だち追加

ID:@yhs2566g

友だち追加後、「名字」と「わんちゃんの名前」を送ってくださいね♪


-スタッフ日記