看板犬コニーの楽しい日常

溺愛されればされるほど毛がくたくたになる愛犬コニー ブラッシングで一気にふわふわに


いつものように、愛犬コニーは溺愛されております。

ただ、撫でれば撫でるほど、わんちゃんの毛ってくたくたになります。

なのでトリマーは、トリミング後のわんちゃんをむやみに触りません。

ふわっと触る程度。

「よーしよしよし」としたい気持ちは山々ですが、ごしごし触りません。

トリミング後のわんちゃんをごしごし触るのは、飼い主さんの特権だと思っているので。

 

2週間ほど経つと、コニーの毛がくたくたで限界を迎えます。

ここまでくたくただとちょっと耐えきれない。

 

2週間に1回のトリミングを習慣にしてしまったばっかりに、すぐに耐えきれないくたくたがやって来ます。

前に飼っていたパピヨン2頭は、7~8歳辺りまで3か月に1回のトリミングだったので、全然耐えきれない状態がやってきませんでした。

習慣って恐ろしい。

 

耐えきれないのは私だけでなく、主人も同じのようです。

自主的にブラッシングを始めました。

シャンプーもせずに、ただブラッシングをするだけです。

それでも、見違えるようにきれいになるんですよ。

ほら、こんなにふっくら。

主人がやると、内またや、前脚などは、全然ブラッシングされていません。

どうしても、手の届きにくい所はやり損ねてしまうようです。

見かねてやり直しました。

ふわふわね。

 

これは皆さんにオススメしたいです。

お家でシャンプーする以上にブラッシングをオススメしたい。

ごっつい毛玉ができてからだと、ブラッシングも難しくなってくるので、2日に1回とか3日に1回とか習慣にしてしまえばいいかもしれません。

毎日やっておられる方のわんちゃんは、たとえトリミングの間隔が空いてもきれいなんですよ。

 

ただ、コニーのブラッシングも2日ほどですぐにくたくたに。

今日は耐えきれなくなって、主人に洗ってもらいました。

バリカンまでやってもらって、さぁ私が顔をカットしようとしたところ…。

 

なんと咬みにくる!?

 

今まであんなにいい子だったのに、何で咬みに来るのー!!

 

あご下のバリカンが相当嫌みたいで、バリカンに向かって咬みにくるのでできませんでした…。

あご下が1番汚れるからバリカンしたいのに。

できる限りハサミで短くカットしてみました。

威嚇咬みなので、私が咬まれたところで痛くも何ともありませんが、間違えてバリカンやハサミを咬んでしまったら大変。

口を切るのも怖いし、ガリッと咬んで歯が折れるのも怖い。

 

それにしてもショックだ。

主人にやってもらったからダメだったのかな。

「おめぇプロならおめぇがやれよ」とずっと目で訴えていたような。

なんで急にこうなったのか分からず、すごくしょんぼりです。

これが最初で最後でありますように。

 

ではまた。

 

 

※自粛されている方、これからしようと思われている方に配慮して、緊急事態宣言中は、わんちゃんの様子をブログに載せないことにしました。

その代わり、LINEに登録いただいている方には、直接LINEで写真をお送りします。

 

※緊急事態宣言中は、どうしてもトリミングが必要な方のみご来店ください。積極的にキャンセルを承ります。

 

ご本人またはご家族に、発熱や体調不良が見られる方は、変更やキャンセルをしていただきますようお願いいたします。

 

※ただ今行っている対策です。ご一読ください。→【完全版】新型コロナウイルス感染症対策における当店ご利用の際のお願い

 

※店内での会話を最小限にするために、LINEの友だち登録をお願いいたします(登録後、「名字」「わんちゃんの名前」を送信してください)。

 

※しばらくの間、ご新規さんと、今年に入ってから1度もご来店の無い方の予約受付を中止させていただきます。

LINEでご予約いただけます

友だち追加

ID:@yhs2566g

友だち追加後、「名字」と「わんちゃんの名前」を送ってくださいね♪


-看板犬コニーの楽しい日常